女性営業の心得!!捨てる力を養っていこう

必要とされているところに力を集中

1日中歩き回っても契約が一件もとれずに、女性の営業はやっぱり難しいのかもしれないと思い詰めたことがある人も多いことでしょう。100人に会うと100人から契約を取りたいと思ってしまいがちです。その意気込みは非常に大切なことですが、必要とされていない人のために力を分散して1万ずつの契約をもぎ取っていくよりも、本当に必要としてくれている人を見極めて10人から100万ずつ取るという思考に変えたほうが得策といえます。工夫することを覚えれば、女性営業も楽しくなり、成績もあがってくるものですよ。

実現できる着地点をみつける

予算がないというクライアントばかり担当させられる、どうしてうちの会社は商品を改良しないのかなど、仕事は自分の自由にはならないことばかりですよね。取引先から無理難題な要求をつきつけられて、四苦八苦することもあるでしょう。全部対応して結局、どれも中途半端に終わるよりもこれだけは絶対に譲れないところだけを選び取って、完璧にこなすようにしてみましょう。そのほうが結果的には相手を納得させられることが多いのですよ。

時間のかけ方にメリハリを

自分ではどうにもならない部分というのは、すっぱりとあきらめてしまうのが一つの手です。その分、変えられるところに集中すれば仕事は断然、いまよりも楽になるでしょう。また、時間には限りがありますよね。たとえば、地域のお客様を訪ねるときにはいつもより時間をかけて、ゆっくりと会うようにして、飛び込み営業は電話やメールに切り替えて、効率的に行うことも大事でしょう。どこに時間をかけるべきか、自分なりにルールを作ることも大事ですよ。

女性営業のメリットやデメリットに関しては、やはり色々な面で仕事に有利な状況になったり不利になったりする事で、考えて対応する必要もあります。